賃貸ってホント気になる。

SEO対策としては色々なブログやホームページにて利用されています。

その目的としては、企業などでは色々な情報を表示し閲覧してもらうために検索を上位に表示してもらう必要があります。

しかし、ecサイトでのSEO対策は色々な意味で難しくなります。

それは、最大の目的となる、検索を上位にする為に特徴のあるホームページにする必要があります。

しかし、特徴の出しにくい商品のecサイトでは、表現が難しくなります。 それは、値段的な特徴を出したくなく、ライバル会社が多数ある場合です。

そのような場合にもSEO対策を適切に対処を行う事によって、検索のランキングを上位に表示させる事ができます。

この事によって、他の店舗より多くの売上を上げる事ができます。

SEO対策の必要性

| コメント(0) | トラックバック(0)

そもそもSEO対策は必要なのでしょうか。 

答えはやはりYESです。 

SEO対策は単にサイトへのアクセスを増やすという面に注目しがちですが、その真意とは、 

世界中に存在する無数のサイトの中からあなたのサイトに光を当てることにあります。 

本当にいいものを扱っていれば、いつか必ず日の目を見るというのは、残念ながら
夢のような話です。 

それはなぜでしょうか。 

いものがいいと評価される。 

ビジネスにおいては当然の摂理とも言えます。 

ですがネットビジネスにおいては必ずしもそうとは言えません。 


何万、何億ともいわれるサイトが存在しているのです。 

また、同業他社ならず、あらゆるサイトがSEO対策を施しています。 

その中で無策でいるということは、すなわちビジネスにおける
負けを甘受するといっても過言ではないのではないでしょうか。 

SEO対策の変化は急速

| コメント(0) | トラックバック(0)

SEO対策は日々変化しています。

びっくりするぐらいに急速です。


なぜこんなに早く動くのか?技術力の進歩なのか?


かねてよりネットの世界は変化が速いと言われていましたが、
SEO対策に関しても同様です。

驚くべきスピードでサイトを取り巻く環境は変化しています。


より有用になるようにgoogleがアルゴリズムの変更を繰り返しているからです。



それに合わせてSEO対策も見直していく必要があるのです。

本日はSEO対策の現在の環境について解説します。 


少しのことでも皆様への有益な情報になればと思います。

かねてより、各検索エンジン"アルゴリズム"と呼ばれる検索結果表示のための
法則を公表していません。

しかし、公表していないからといって、ずっと同じやり方を
行っているわけでもありません。

日々そのアルゴリズムを静かに変化させ続けています。

毎日のように同じサイトの順位をチェックするとしましょう。

ある日突然順位が激変したとしたら、それがアルゴリズムの変化したサインです。

こうなると従来のSEO対策では効果をなさないということに
なってしまうのです。


SEO対策において、ページランクというものが表示順位に
何らかの影響を及ぼすというのは通説となっています。

しかし、このページランクについても、効果は永遠ではありません。

検索エンジンは常に世界中のサイトを回覧し、その時々で
ページに評価を与えています。

かつてはページランク2だったものが、久しぶりに覗いてみると
下がっていたなんてことも起こりうるのです。

長い期間ページを保持していれば、ランクが自然と上がるように
思われていたふしもありますが、これは必ずしも正解ではありません。 

以前はウェブ上や本などSEO対策に関するハウトウーが溢れ、
個人でも簡単にできるかのようなイメージがありました。

しかし、SEO対策業者の台頭により、検索エンジンとSEO対策業者との
追いかけっこは熾烈を極めつつあります。

お互いの対策を追い越すべく、日々試行錯誤が行われています。

もはや、専門の業者の中でもその実績には明暗が分かれているでしょう。

いかにアンテナを張り、サイトの変化に気づけるか。

これがSEO対策で効果を上げる前提となりそうです。 

SEO対策業者がどんどん増えています。 

クライアント側としてはいったいどこを選べばいいのか。 

そう迷っておられる方も多いのではないでしょうか。 

これほどまでにSEO対策業者が増えたというのも、このSEO対策の
重要性を表しているといえるかもしれません。 

それほど需要が多いとも考えられます。 

しかし本当に実績のあげられる企業はそのうちのほんのわずかです。 

ならばやはりきちんと実績を上げることのできる業者を選択しなければなりません。 

依頼する側としてはいかにして実績のある企業を見極めるか。 

それが自社の売上にも大きく影響してきます。 


在SEO対策を施しているにも関わらず成果が見られない。 

という場合にももしかしたら、業者の見極めを見誤っているのかもしれません。 

いまやネットビジネスが一般的になった現代だからこそ、
良質なSEO対策業者の見極めがビジネスの成否を大きく左右しているのです。 

ではどのようにして良質なSEO対策業者を見極めればいいのか。 

そのポイントがいくつかあります。 

それについて考えてみたいと思います。 

では、実績をあげられるSEO対策業者をいかにして見極めるかを
実際に見ていきましょう。

まずは料金設定について。

SEO対策の料金は大きく分けると「成功報酬型」と「定額制」に分けられます。

成功報酬型とは、検索順位を上げるワードを1つ、ないしは2つ設定し、
そのワードについてのみ順位を上げる対策をするというものです。

この場合、実際に順位が上がらなければ報酬の支払は
原則必要がないということになります。

一方定額制の場合には、実際の順位に関わらず
報酬の支払が必要となります。

こうかくと成功報酬型の方が一見いいように感じます。

しかし、成功報酬型の場合には、検索ワードに幅がなく、
多角的な集客がしにくいなどのデメリットも存在しています。

インターネットが普及した現代、集客はホームページで行うことが専らとなりました。
しかし、ホームページはGoogleやYahoo!などの検索サイトから探します。

特定のキーワードに関連するホームページは山のようにあり、その中で
自分のホームページを上位に表示させるのは簡単ではありません。

特に、Googleのアルゴリズムが進化したことによりホームページに
関連のキーワードを入れただけでは上位に表示されず、seo対策が
必須となっています。

seo対策はsearch engine optimizationの頭文字をとったもので、
検索エンジンで上位に表示されやすいようにホームページを作る対策です。

seo対策は自分で行うのであれば無料で行うことも可能です。
特に最近では無料のseo対策ツールも公開されており、知識さえあれば
難しくはなくなりました。

一方、seo対策の専門業者に依頼する場合はもちろん費用が掛かります。
専門業者に支払う方法は主に「成果報酬型」と「固定料金型」の2つに大別することができます。

成功報酬型は一定順位内にランクインした場合のみ費用が発生し、固定料金型は
一定額の対策費用が毎月固定で発生するものです。

成功報酬型は上位に表示されている場合のみ料金が発生するもので安価に見えますが、
一時的に上位に表示されても後は低いままという業者が多い傾向にあります。

短期間の表示が目的であれば問題無いでしょう。
固定料金型は大手が多くサポートも手厚い所が多いです。

料金の変動はあまり大きくありませんが、比較的長期間上位に表示させることが可能です。

seo対策を講じるにあたって、キーワードの選定は
まず最初にとりかかることの出来る課題の一つです。

これらの語句を選ぶ際には、人気のあるものを選ぶということになりますが、
あまり人気のあるものは競合サイトも多く、実際のアクセスに結びつけるのは
難しい場合もあります。

「通販」などがそれらの語句の一例です。
逆に、ニッチな領域の語句を選定するというのも、選択肢としては有り得ることになります。

いずれにしろ、語句を選ぶ際には漠然と考えるよりも、実際の使用頻度や
使用ボリュームを調査することがseo対策の上では必要です。

これらの調査には各種のツールを使用します。
まず簡単に使用できるツールとして、Googleのオートコンプリート(サジェスト)機能があります。

これは検索語句を入力すると補完的に候補の語句が現れるものです。
これを使って調査を行います。

また、Googleトレンドは、使用されているキーワードの人気の推移を
時系列的に把握することができます。

人気度の上昇率を知ることもできますので便利です。
このツールも、補完的な語句を候補に表示してくれるので利便性は高いと言えます。

Google AdWordsは、アカウントの作成が必要にはなりますが、
seo対策にたいへん便利なツールです。

これは語句の検索ボリュームなどを知ることができますし、
サブキーワードとなりうる語句も提示してくれます。

これらのツールを使用して、seo対策で実際に使用する語句を効率的に選定していきます。

サーチエンジン経由のアクセスを増やしてサイトの閲覧数を上げるには、
サーチエンジンでの検索結果の表示のされ方が重要になります。
この、表示のされ方を向上させるのがseo対策と言えます。

まず、重要になってくるのが検索結果画面での表示順位です。
表示順位は上位であればあるほど、サイトへのアクセス増につながります。

この表示順位はサーチエンジン内のランキングアルゴリズムで決定されるもので、
大きな決定要素としてはキーワード、被リンクそしてコンテンツが対象になっているとされています。

そのため、表示順位を上げるには、まずはキーワードの選定が重要です。
キーワードの選定方法としては、多く検索されているメジャーなキーワードを狙う方法や、
希少かつ独自性の強いキーワードを狙う方法、またはこれらを組み合わせたものがあります。

キーワードはタイトルや本文の見出しなどに使用されているものが評価対象になりますが、かといって
seo対策として大量にキーワードを盛り込めば良いというものではありません。

被リンクも表示順位を決定づける重要な要素なので、seo対策において大切になります。
被リンクを増やすには、ユーザーがリンクを貼りたくなるようなコンテンツを用意することが一つの方法です。

表示順位と同様に、seo対策に重要になってくるのがCTR(クリック率)です。
表示順位が高くてもクリックされないとアクセスにつながりません。

そこで、検索結果に表示される要約文などを工夫することでクリックされやすくします。

カテゴリ