戯言の最近のブログ記事

インターネットが普及した現代、集客はホームページで行うことが専らとなりました。
しかし、ホームページはGoogleやYahoo!などの検索サイトから探します。

特定のキーワードに関連するホームページは山のようにあり、その中で
自分のホームページを上位に表示させるのは簡単ではありません。

特に、Googleのアルゴリズムが進化したことによりホームページに
関連のキーワードを入れただけでは上位に表示されず、seo対策が
必須となっています。

seo対策はsearch engine optimizationの頭文字をとったもので、
検索エンジンで上位に表示されやすいようにホームページを作る対策です。

seo対策は自分で行うのであれば無料で行うことも可能です。
特に最近では無料のseo対策ツールも公開されており、知識さえあれば
難しくはなくなりました。

一方、seo対策の専門業者に依頼する場合はもちろん費用が掛かります。
専門業者に支払う方法は主に「成果報酬型」と「固定料金型」の2つに大別することができます。

成功報酬型は一定順位内にランクインした場合のみ費用が発生し、固定料金型は
一定額の対策費用が毎月固定で発生するものです。

成功報酬型は上位に表示されている場合のみ料金が発生するもので安価に見えますが、
一時的に上位に表示されても後は低いままという業者が多い傾向にあります。

短期間の表示が目的であれば問題無いでしょう。
固定料金型は大手が多くサポートも手厚い所が多いです。

料金の変動はあまり大きくありませんが、比較的長期間上位に表示させることが可能です。

seo対策を講じるにあたって、キーワードの選定は
まず最初にとりかかることの出来る課題の一つです。

これらの語句を選ぶ際には、人気のあるものを選ぶということになりますが、
あまり人気のあるものは競合サイトも多く、実際のアクセスに結びつけるのは
難しい場合もあります。

「通販」などがそれらの語句の一例です。
逆に、ニッチな領域の語句を選定するというのも、選択肢としては有り得ることになります。

いずれにしろ、語句を選ぶ際には漠然と考えるよりも、実際の使用頻度や
使用ボリュームを調査することがseo対策の上では必要です。

これらの調査には各種のツールを使用します。
まず簡単に使用できるツールとして、Googleのオートコンプリート(サジェスト)機能があります。

これは検索語句を入力すると補完的に候補の語句が現れるものです。
これを使って調査を行います。

また、Googleトレンドは、使用されているキーワードの人気の推移を
時系列的に把握することができます。

人気度の上昇率を知ることもできますので便利です。
このツールも、補完的な語句を候補に表示してくれるので利便性は高いと言えます。

Google AdWordsは、アカウントの作成が必要にはなりますが、
seo対策にたいへん便利なツールです。

これは語句の検索ボリュームなどを知ることができますし、
サブキーワードとなりうる語句も提示してくれます。

これらのツールを使用して、seo対策で実際に使用する語句を効率的に選定していきます。

人のあやまち

| コメント(0) | トラックバック(0)

人はあやまちをおこすものだとはおもいますが、
それがどんな方向に進むかをきちんと明確にしていかなくちゃいけない。

あやまちを起こしたときのトラブル解除をいかに対処するかで
お客様の対応が全然異なってくる。

そういうことをきちんと対応することがとても重要である。
本当にそんな単純なことみんなわからない。
せっかくお金をもらうのだから、きちんと考えることはとても重要な事だと思うのですが、
あまりにも悲しい。

デジタル化

| コメント(0) | トラックバック(0)

近年、デジタル化がどんどん進み、パソコンや携帯などのメールで会話ができるほどだ。

非常に便利になり、わざわざ会わなくてもいいし、知らない人ともネット上で会話ができる。
これからも更に便利になっていき、ついには手や体を動かさずにパソコン、携帯を操作できたり、 自分で考えなくても勝手にコンピュターが考え、回答や返事を出してくれるようになるかも。

既に、分からないことは、パソコンや携帯ですぐに調べることができる。
非常に便利である。
その反面、少し不安を感じることもある。
パソコンの普及で自分で物事を考えることが減った方は大半だと思う。

いい例が自分で手紙など書いていたら、漢字がでてこなかったり、字が下手になっていたりすることだ。
最近の20歳前後の子の文を見ると、非常に乱雑な字で書かれて、それを当たり前のように 公の場でもだすので、びっくりすることもある。

日本の文字や文化、伝統はこれからも、引き継いでいかなければならない。
デジタルとアナログを共有することが大事だと思う。

自分で考え、自分で調べ、人に直接会って気持ちを伝える。
こういった当たり前のことが、少しずつ変わってきているのが怖い気もする。

よく、訳の分からない理由の犯罪が多発してるが、これもネット社会が生んだ孤独の世界からかもしれない。
僕がしている経費削減は非常にアナログな仕事であり、コミュニケーションが第1である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち戯言カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは京都でseo対策を!です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。